歯の痛みの原因は・・・

左奥歯の痛みを感じかかりつけの歯科を受診しました。あの歯医者を人気の文京区で見つけるのは突然の傷みではなく徐々に痛みが広がり、冷たい物で滲みるのはもちろん熱いものでも滲みたことからこれは間違いなく虫歯だろうと思ったのです。かかりつけの歯科のためスムーズに診療が進みましたが、今里の歯医者なら東成区でもどこでも歯科医が「虫歯で滲みているのではなく知覚過敏ですね」と言った時には驚きました。知覚過敏症状があることは分かっていても数日をかけて痛みが増してきたことと、左の頬にまで違和感を感じていたのでその症状が知覚過敏だと言われても納得できなかったのです。評判の小児矯正を探すなら神戸がどんなに知覚過敏でこんな痛みと違和感があるのだろうか・・・と歯科医に尋ねると小型のカメラを口の中に入れ痛みがある箇所を撮影。その画像が目の前の画面に大きく映し出されてビックリ!歯と歯茎の間に空洞が出来ていたのです。歯ブラシを強く当てすぎたせいで歯が削れているのか歯茎が萎縮しているのか分かりませんが、こんな話題の歯医者は東成区でも今里ではとにかく歯と歯茎の間に空洞があり神経をガードできなくなって刺激や違和感を感じていることが分かりました。治療としてはぽっかり空いた穴に樹脂を詰め込んで穴を塞ぐだけ。この評判の歯科矯正を芦屋で歯医者の口コミは最悪の場合は神経を抜かなければならないと聞いて今はブラッシングに注意しています。