歯のメンテナンスの大切さ

歯に異常がなくとも定期的に歯科医院へメンテナンスをしてもらうことの大切さを学んだ経験をお話しします。歯医者で行う矯正を話題の芦屋でもここからは私は幼いころから虫歯になった経験がなく、歯科医院へ通うことはほとんどなかったのですが20歳前後から親知らずが気になり始めて診察予約をしました。診察の結果、親知らずは問題なかったのですが、下の奥歯が虫歯になりかけていることがわかりました。東京の根管治療ならここがどうして今まで痛みや違和感もなく過ごしていたので驚きました。その後、詰め物を施す処置をしていただいたので歯を削ることなく治療は最小限で済みました。虫歯の治療は大変な印象があったので、早期発見していただいて安堵したのを覚えています。あの話題の歯医者を芦屋で探すならどうしてかは次の診察では歯磨き指導を受けました。歯ブラシの選び方を勉強し、当時使っていた歯ブラシが柔らかすぎて磨き残しがあったことがわかりました。また、フロスを使用をすることで歯周病などの予防にも効果的であることを知りました。歯のトラブルが無くても、評判を歯根治療を東京の歯科医院であんなになってメンテナンスとして通うことで今回のような虫歯の早期発見や歯の勉強しに行くことは自分の将来にプラスになると感じました。今では半年に1回ほど歯科医院から通知はがきを受け取り、歯石取りなどを受けるようにしました。乳歯が抜ければ歯は一生、近くの神戸で人気の小児矯正を見つけることには生え変わることがないので年をとっても好きなものを自分の歯で食べられるようにこれからも定期的に歯科医院へ通おうと考えています。