話が長い歯医者はお断り

地元の評判が良くて注目していた歯医者がありました。東成区の歯医者を見つけることはどうしてかは何かあった時には一度は行ってみたいと思っていたのですね。そんなある時、私の歯の詰め物が取れて、念願だったその歯医者に行くことになりました。なかなか予約が取れないと聞いていたけれど、意外とすんなり予約も取れて楽しみに歯医者に向かいました。あの東成区でも評判の今里の歯医者ならここにそんな歯医者で実際に診察が始まったのではいいけれど、結局最終的にはもうこの歯医者はないなと思ってしまいました。少なくても私には。それはなぜか。その理由は、歯科医師の話の長さにありました。まず歯の診察から始まったのですが、私の口の中を見たあと、歯に関するうんちくが始まったのです。東京で評判の審美歯科だからこそ詰め物はどういうものがいいのか、詰め物を長持ちさせるために必要なこととはなど。それを聞いて、私はうんちくを聞くためにこの歯科に来たわけではないし、忙しいから早く診察を終わってほしいという気持ちでいっぱいでした。もちろん歯科医師はそんなことはお構いなしですし、そのような診療スタイルなのでしょう。今里では 矯正と 咬合治療の人気が高いのはまずそれぞれ歯の特徴を捉え、それに対してアドバイスをする、そして了解が得られたら治療を始めるといったインフォームドコンセントを大切にしている歯科だといえます。ただ私にとっては、そんな話は無用で、とにかく早く治療を終わらせてくれという気持ちでいっぱい。その芦屋でホワイトニングを口コミで探すけどつまりあまり私には合わなかった歯科だったと認識しました。