表面には出ないサイレント虫歯

突然に歯が痛くなりました。一人で神戸の小児矯正を探すならもうここで虫歯かなと思い鏡で確認してみたのですが表面には黒くなっている部分は無く、一見すると穴も空いていない様に見えたので神経でも痛めたかと思い病院へ行きました。結構長い待ち時間の間、痛みに耐え、漸く診察へ。結果的に歯によく見ないと分からないレベルの小さな穴が空いていたようで中から虫歯が広がっていたそうでした。削って治療する事は出来ず抜くしかないとの事で、痛み止めだけを貰い後日手術となりました。痛み止めが全く聞かず、治療を受けられるまでの間は本当に水しか飲めないような状態。体重も五キロほど落ちました。もう姫路で胃カメラ検査ならおすすめのところでそうしていよいよ治療となりました。歯を抜く前には麻酔を打って貰うのですが、これが滅茶苦茶痛い。痛みをなくす麻酔が痛いとは本末転倒ではと思いながらも、歯を抜く痛みはこの非じゃないらしいです。歯を抜く作業は瞬間で終わります。本当にあっという間でした。抜いた後は血が出続け、中々止まらず、凄く嫌な感じ。手術は直ぐに終わりましたがその後のケアや拘束時間等々を考え、インプラント治療を希望でしたが入れ歯に変更しました。このホームページ制作の仕事は神戸もなかなか 目に見えない虫歯は進行しがちらしく、定期的に歯医者に通ってケアをした方が良いらしいです。自分は正直、面倒なのであまり通えてはいません。