入れ歯の駆け込み寺とも言える歯科医院を発見しました。

長く通院していた歯科医院で、歯医者を文京区で探すと評判がとてもいいと上の歯のほとんどを入れ歯にしたところ、慣れないこともあって、物を噛むことができず、1週間くらいお粥ばかりを食べていました。当然と言えば当然ですが、そんな食生活を続けていると、体重が急激に減り、体力がなくなりました。歯科医院で事情を話し、何度か調整をしてもらったものの、状況は変わりません。ここの今里では 矯正 も咬合治療もすべては信頼していた医師だっただけに、慣れるまで時間がかかると言われると、私の我慢が足りないと諦めるしかありませんでした。ただ、入れ歯を装着している多くの人が、私のような不自由を感じているとは思えず、ネットで調べ、知り合いから情報を集めているうちに、入れ歯の駆け込み寺ともいえる歯科医院を発見。すぐに電話をして状況を説明すると、困っていることが伝わったのでしょう、翌日に診察の時間を調整してくれました。通学に便利なこの話題の小児矯正を神戸で探しても古びたビルの4階に入居していたその歯科医院は、待合室も診察室も、医療機械も見るからにひと時代前という感じでした。しかも医師は年老いた男性で、不安を感じたものの、診察が始まると印象は一変しました。テキパキと慣れた手付きで歯の状況をチェックしたかと思うと、すぐに歯型を取り、診察が完了。指定された1週間後に来院すると、義歯が完成していて、装着してもらうとフィット感が抜群でした。東成区でも今里の評判の歯医者はなかなかと同じ部分の入れ歯は、半年経過しないと保険が適用されないということで、義歯にしたそうです。義歯とは言え、物が噛めなかった入れ歯とは大違いで、少し硬めの食べ物でもまったく問題がありません。慣れない入れ歯で我慢を続けていることを考えると、ゾッとします。その芦屋でホワイトニングを探したがここには、保険適用で入れ歯が入れられる日が来るのを、指折り数えています。