根幹治療を経験して思ったこと

私は産後から虫歯が進行してしまったので、前歯の殆どが根幹治療を終えた歯になります。まず根幹治療とは、虫歯が神経に到達してしまった際に歯を削り、歯の内部の神経を綺麗に取り除いて(膿があれば綺麗に取る)その後、洗浄してお薬を入れる治療になります。こんな口コミで歯医者を芦屋で探すならどうしたらこれだけ聞くと《どれくらい痛いのか?》気になる人も多いと思いますが…正直に言うと、麻酔をかけてもとても痛かったです。それは、歯医者さんが下手くそという訳ではなく、歯の神経に直接器具を当てて掻き出すという工程があるので、この時はどうしてもキーンっとした痛みを我慢しなくてはなりません。本当は途中で辞めたくなる日もありましたが、このまま治療を放置すればまた後から痛い思いをするので、私は頑張って治療を続ける事にしました。しかし、トラブルは起きたのです。そのトラブルは治療が終わってから気付いた事ですが…なんと根幹治療を終えた歯がしばらく経っても激痛のままなんです。おかしいと思い後から調べたところ、どうやら技術の無い医師に当たってしまった場合は【神経の取り残し】があって、治療後も痛む事があるんだそうです。予防歯科を東京で口コミするとこんなに…きちんと治っていないという事になります。私はそれを知り、同じ歯医者さんに診てもらうのが辛かったので、急遽別の歯医者さんで《再治療》を受ける事にしました。そこで診てもらうとやはり神経の取り残しがあったので、費用はかかるものの、私は今後の為だと思って再び根幹治療を受け直しました。早く小児矯正を見つけるなら話題の神戸がどこにトータル約1年に渡る長い治療になりましたが…そこで治療を終えてからは本当に痛むことがなくなって、今でも快適に生活が出来ています。東京では腕の良い歯医者さんが都心に集中しており、ついつい近場で済ましてしまいましたが…東京で歯医者をおすすめするとここが本当に何度も歯医者さんを変えるくらいなら、最初から腕の良い歯医者さんに診てもらう方が、金銭的にも精神的にも負担がかからないのだと学びました。とても話題の芦屋の根管治療を探すとするともう根幹治療は懲り懲りなので、他の歯は虫歯にしない様に、これからも綺麗な歯を守っていこうと思います。