虫歯は早いうちに歯医者で治療を

歯を磨いていると、あの歯医者をもし話題の文京区で見つけるのはなんとなく歯と歯の間の黒ずみが気になりました。特に痛みはありませんが、5個ほどあってとても目立ちます。一応歯医者さんに診てもらおうと予約を取り、診察を受けました。そして診察結果は「これ全部虫歯だね」。毎日歯をみがいているのに虫歯だなんて驚きです。医師が言うには、年を取ったので歯ぐきが下がり、歯の付け根にすき間が出来ているとのこと。こんな今里で歯並びを治すにはどこも歯間ブラシを使って歯をみがかないと歯垢がきれいに取れないので、今後は歯間ブラシを使ってください、と言われました。さらにブラッシングも甘いということで、歯みがき指導していただきました。それはともかく、5個ほどの黒ずみが全部虫歯とのことで長い長い治療の始まりです。1個1個予約を取って、歯を削って詰め物をする…の繰り返しで全ての治療が終わるまでに3ヶ月ほどかかりました。
近くの神戸で小児矯正を見つけるには口コミでも中には2つの歯にまたがって虫歯になっているところがあり、ここは一気に治療しました。生きてきた40余年のうち、歯医者さん治療で麻酔を3本も打たれたのは初めてです。とても痛かったですし、治療が終わったあとも唇がしびれて3時間ほどはろくに飲食ができませんでした。麻酔が効いているうちは熱いものを食べないようにと言われましたが納得です。この唇のしびれ具合では飲食物の熱さなんて分からないでしょう。このように治療を繰り返し、全ての歯の治療が終わりました。あの今里の歯医者は大阪東成区でもなかなか歯医者さんに言われたことは、虫歯が小さいうちに対処できて良かったこと、今までの歯みがき方法ではまた虫歯になるのでここでのブラッシング指導で学んだことをきちんと行ってください、この2点でした。こんなセラミックで探す評判の芦屋のどこに虫歯をきれいに治してくれた歯医者さんに感謝しつつ、まずは歯間ブラシを買い、毎日の歯みがきに取り入れるつもりです。