親知らずを抜いた体験

私が大学生の時の体験です。あの東成区ですぐに歯医者を口コミすると私は右上の親知らず以外の斜めに生えており、噛み合わせの部分とうまく合わないのか、よく奥の歯茎が腫れて辛い思いをしていました。ですが、私は虫歯になった経験もなく、親知らずも埋没はしていないので、わざわざ歯医者に行く必要は無いと考えていました。妹が虫歯になって歯医者での治療に同行した際に、待合室から妹の痛そうな声を聞いたのも大きな理由でした。しかし、千駄ヶ谷の歯医者で審美歯科ならどこでもある日長年地味に私を苦しめてきた親知らずを抜こうを考える出来事がありました。私が大学生2年の時、父が親知らずを数本抜いてきたのです。父も同じ様に長年親知らずに困っており、とうとう評判の良かった病院で治療をしてもらったのです。治療後しばらくの間、父は麻酔も切れて少し辛そうでしたが、翌日には元気に出社して行きました。評判の東成区でも今里の歯医者ならここが「歯を抜くのはそれほど辛くはないのかもしれない。」そう考えた私は、父が治療してもらった歯医者にすぐに行きました。そして、すぐに抜歯の同意書のサインと予約を行い、後日改めて治療をしてもらいました。治療中は流石に緊張と怖さがありましたが、麻酔をしてもらって口の中の感覚がなくなると、治療がどんな感じなのかという好奇心に変わりました。あの東京で評判の審美歯科ではここ以外に治療中も痛みは感じない為、治療中の音や機械から口の中がどうなっているかを想像ぢていたらあっという間に終わりました。終わった時は「昔から悩んでいた親知らずがこんなすぐになくなってしまうなんて…。」と今まで治療をしなかった事を後悔しました。その晩は麻酔が切れた痛みから、痛み止めを飲みつつ辛い夜を過ごしましたが、翌日からはとても快適でした。口コミで今里の歯医者は歯並びが良いと今まで歯医者というと苦手意識しかありませんでしたが、その印象が変わる良い機会になったと思っています。