歯医者に行くのが怖かった

怖い怖い歯医者

虫歯になると歯医者に行かなければならず、非常に怖い思いをした、という方、少なくないと思います。私自身、その一人で、あの虫歯を削る、鋭い痛みにはどうにもこうにも慣れることができませんでした。麻酔をしていても、痛みが生じ、その度に腕や足がビクンと波打っていたのを覚えています。さて、あれから10年。大学生になった私ですが、恥ずかしながら虫歯ができてしまいました。で、本当ならすぐに歯医者さんに行って治療を受けるべきなのですが・・。怖くて、なかなか行くことができませんでした。ちなみに、今回の怖さというのは、治療の際の痛みとかそんな事ではありません。そうではなく、いい歳して虫歯ができたことに対する恥ずかしさがあって、それを歯医者さんから指摘されるのが怖くて、なかなか行けなかったのです。ですが、食事の度に、鋭い痛みが生じますし、遂には、四六時中痛みに悩まされるようになりました。

痛みが治まらず歯医者へ

さすがにこれでは日常生活が送れません。というわけで、歯医者さんに行くことになったのですが・・。治療は非常に作業的(事務的?)で、特に何か嫌なことを言われることもありませんでした。こんなことなら、もっと早く来ていればよかったと思うと同時に、二度と虫歯ができないように、毎日しっかりと歯磨きをしようと決意した次第です。ヒアルロン酸注入したところが凸凹になったりぶよっとした状況になるのは注射場所が浅すぎる時起きやすくて、自然に吸収されるの待ちますが、しこりみたいのこることもあります。なんども繰り返しやってれば発生しやすくて、ほうれい線など影浅くするためのヒアルロン酸、顎出すためのヒアルロン酸はある程度硬さなくては効果出なくて固いヒアルロン酸注入なら、皮膚の上から触ればコロコロ触れたりします。

歯医者で歯を白く

そして体がヒアルロン酸反応してしこりで来てる状況が異物製肉芽腫であり、どうしても取り除きたければ切除必要となります。そしてヒアルロン酸は人に孫座するうるおい成分で、これはいろいろな症状の改善などに用いられて、関節炎などの手術で必須の成分です。そして美容皮膚科分野で高い保湿力で、主にエイジングケアにかかわる治療に用いられます。ヒアルロン酸は私たち体に元からある成分で、人の体に入れてもアレルギーなど副作用発生リスク低くて、安全性高い治療法となります。そして、これは注入したら徐々に体に吸収されていって最終的になくなります。そのため効果維持のため定期的注入が必要になります。そしてヒアルロン酸といっても種類いろいろあって、体に吸収されないで蓄積してしまう成分が含まれるものもあります。

PR|さくら夙川駅周辺でおすすめの歯科医院は歯科医院経営のスペシャリストはコンサルを

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ病院の教科書医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ