歯科医院での男の感情

歯医者に行くのは当然ながら歯が痛くなったかである。あの歯医者を東成区で探してみるなんて私の経験では、虫歯が出来た時、歯が強烈に痛くなって仕事が出来ない!って思ってたら、実は蓄膿症だった!とかであったのた。
いずれにしても耐えられない痛みに耐えきれずに歯医者へ向かうしかないほだった。無論、腕の良い歯医者さんへ向かうのだが、歯医者には沢山の女性の方が働いていらっしゃるわけである。早くその小児矯正を見つけるなら話題の神戸にしては受付の方【歳は様々】
助手の方、パートタイマーで働いている方などいらっしゃるわけである。
私の行く歯医者さんの院長は男の方である。しかし院長以外は皆女性である。もちろん、よばれる前は何回通わないといけないのか?または痛みはどうなのか?とかが全てであたまの中を駆け巡るわけであるが。評判の歯医者は東成区でも今里からにして呼ばれたら椅子に座る。ちょっとドキドキ感がある。そこに大体最初は助手の女性の方が質問したり、口の中を見ますねーとやりとりがある。そしてベッドを倒された状態で口の中の処置をしてもらう時に割と距離が近くなり、男の私の頭の中は【胸が当たらないかな?】とか【この人可愛いな】とか思うものである。男の素直な感情なんである。もちろん、どんなに今里では 矯正と 咬合治療がおこなえてもそんな期待や妄想なんてなるわけもなくて、順調に処置が終わり最後のトドメに院長が来て処置をして試合終了であるものだ。歯が痛いから来たのに、こんなことを考えてしまう私は普通なのか?なんて思ったりもするものだ。芦屋で評判のインプラントを探すにしてもでもやっぱり歯は痛くならないことが一番いいんだと最後には思うのである。